タイトル
ラズベリーキューブ【萌えゲーアワード2018 準大賞・主題歌賞 受賞】
収録時間:
ラズベリーキューブ【萌えゲーアワード2018 準大賞・主題歌賞 受賞】
商品詳細
配信開始日:2018/11/22
商品発売日:
メーカー名:まどそふと
作家、原作者、著者名:はすね
ジャンル名:ギャグ・コメディ,恋愛,ハーレム,萌えゲーアワード2018 受賞作品,制服,デモ・体験版あり,学園もの
レビュー数:7
レビュー平均点:4.57
配信価格
DOWNLOAD : 7800円
サンプル画像
サンプル画像-1
サンプル画像-2
サンプル画像-3
サンプル画像-4
サンプル画像-5
サンプル画像-6
サンプル画像-7
サンプル画像-8
サンプル画像-9
サンプル画像-10
サンプル画像-11
サンプル画像-12
サンプル画像-13
サンプル画像-14
サンプル画像-15
サンプル画像-16
ユーザーレビュー


★★★★★ ヒロイン同士の絡みがもっとほしい


ヒロイン同士の絡みはほぼ無いため少し物足りなさを感じます。しかし、しこたまイチャラブを楽しみたいのであれば買って損はないです。私個人も記憶を消してもう一回やりたいと思いました。


★★★★☆ 楽しかった!


みなとが可愛かったです。学校の畑で野菜作ってる光景見て「ミルキィホームズかな?」とか最初思っていましたけど個人的に一番可愛いです。
ただし反動からくる破壊力でいえば瑠莉がNo.1だと思います。結局全員面白味があって可愛いです。話の8割がヒロイン√を占めるこの作品においてどの√でも飽きなかったのはヒロイン達の個性・サブキャラ(絵付き)達の支え・動くべきときに動ける主人公の男気にあると思います。
話のほとんどが主人公とヒロインとの1対1のやりとりで進んでいくのに面白いって凄くないですか? ヒロイン√に入った途端失速するエロゲーは何本も知っているけれど、これはその逆です。共通√を短い尺でさっさと終わらせて本番のヒロイン√で楽しませる作りになっています。
それとヒロイン選択画面のBGMが癖になる。ヒロイン達の可愛さと一癖ある感じを表現しているような気がする……。


★★★★★ 良かったです。


共通が短い?ほぼないのが目新し買ったです。イチャラブが好きな方は買って後悔はしません。オススメです。


★★★★☆ まどそふとさんの作品は初心者の方にもおすすめです。


『ワガママハイスペック』シリーズで有名なまどそふとさんの執筆時点での最新作で、CS版も発売されるというこのご時世にしては珍しい作品です。
『ワガハイ』にも同様の傾向がみられるので、メーカーさんの特徴をざっと話してしまうと、所謂「王道の萌えゲー」であり、尚且つエロゲのいろはをきっちりと詰め込んだ作品群となりますので、最近スタンダードな萌えエロゲーをやってないなぁ、というユーザーの方にはもちろんのこと、そもそもエロゲをほとんどプレイしてことがないユーザーさんにもおすすめとなりますので、購入を検討される際は、是非参考にして下さい。筆者も個人的には初心者におすすめのエロゲは、本作か『ワガハイ』、他メーカーさんにはなりますがゆずソフトさんの『サノバウィッチ』、まーまれぇどさんの『お家に帰るまでがましまろです』となりますので、ほとんどエロゲをやったことがないユーザーさんや古参だけどエロゲはほとんどご無沙汰だったユーザーさんには是非、上で挙げた4作品がおすすめです。
長くなりましたが、まどそふとさんらの作品群はキャラ造けいがわかりやすい、文章が平易で読み易い、シチュや文脈がエロゲ的な意味での王道が多い、という特徴がありますので、昔のエロゲみたいにある程度の予備知識が要求されたり、物語や設定を咀嚼する必要があまりないので、要は気楽にぱぱっとエロと萌えを楽しむことができるところが素晴らしいと思います。
最後に一応の注意点としては、まどそふとさんのゲームでは、本作より『ワガハイ』の方がよいと考えるユーザーさんが多いという点があります。実際にプレイされたユーザーの方でしたらご存知とは思いますが、減点になるような要素が2つ程あり、
①キャラ造けいが前作とほぼ同じなため、世界観や設定については一新されてはいますが、同じライターさんが描く同じようなキャラをヒロインとした作品である。
②主人公が所謂マイナススタートな人物なのですが、元ヤンキーといういまいち共感しにくい設定になっている。かつ各ヒロインとの物語において、マイナススタートである意味はあったと感じましたが、元ヤンの設定は正直要らなかったと思います。要は主人公の設定や人格がユーザーさんしだいでは結構不快。
といった点が挙げられます。
ただエロゲとしてかなり高水準な出来ですので、安心してプレイできると思います。

おすすめの記事